忘れられない真冬の北海道旅行

私は主人と結婚前に北海道旅行に行きました。寒いのは苦手ではありますが、海のそばで育った主人は雪を見た事がなく、幼い頃から北海道に旅行する事が夢だったようなので出張で何度も行った事のある私が真冬の北海道を案内をするつもりで主人を誘いました。
主人はまるで子供のように初めて見る雪に感動をし、はしゃいでいた事を今でも思い出します。仕事できた時は何とも思わなかった風景も大事な人との旅行のせいか、とても綺麗に映りました。
私達は札幌と小樽を電車で移動した後、旭川に移りレンタカーを借りて美瑛まで向かいました。あまりの雪道に少し不安になりながら運転をしましたが、気がついたら真っ白な雪景色の中主人と私の2人きりでこんなに綺麗をこれから人生を共にする主人と一緒に見れたことにただただ幸せな気持ちになりました。
今でも忘れられないのがジンギスカンです。あまりの美味しさに目を丸くして驚いていると、横で主人も同じ顔をしていた事にお互いが気づき、笑ってしまいました。北海道は海鮮物やラーメンが有名ですが、最後の晩餐は旭川にある美味しいジンギスカンを食べたいとよく話しています。
一度訪れた場所を旅行することは苦手ですが、北海道だけは別格です。また主人と同じプランで真冬の北海道を満喫しに行けたらと考えてます。

最近気になっていること

最近舞台俳優さんが気になっています。私はもともと漫画やアニメが好きで、中でも「黒執事」という作品が大好きなのですが、この作品がいわゆる2.5次元ミュージカルになっているということを最近になって知りました。「2.5次元」という存在は知っていましたが、容姿端麗なキャラクターを人間がいくらメイクや装飾を施したところで同じになるわけが無い…と悪い先入観が先行して観る気が起きませんでした。
そんな中、偶然にも2.5次元が大好きな友達がいたので、期待値が低いままDVDを借りて観たところ、想像していたよりもビジュアルの完成度も高くストーリーも原作に沿って世界観を壊されずに再現されており、違和感無く物語の中に入り込めました。ミュージカルというだけあって、俳優さん達の歌声も素晴らしく、生の演技のため迫力や喜怒哀楽の感情が画面上で観たときと違い非常にリアルでダイレクトに伝わってきました。
今はまだ黒執事のミュージカルしか観た事がありませんが、これを機に他の作品も観てみたいと思うようになりました。

子供の存在が大きいシングルマザーの恋

1ce593ecc6fcfa9237d95f13f72913c7_s

シングルマザーは子供の存在が大きいという理由で恋愛できないと感じます。恋人ができると、恋人との時間が優先されて、子供との時間が少なくなります。
男性は、自分の子ではないと、子供に対する愛情が感じない傾向にあります。恋人が好きでも、子供までは好きになれないようです。表面に出てくる愛情はあっても、心からではないそうです。
恋人ではなく友達の間では、うまくいくかもしれません。たまに会って、食事をするくらいなら問題はないと思います。しかし、恋人になるとずっと一緒にいたいと思うようになります。だんだん、子供との時間よりも恋人との時間が楽しくなってしまいます。
シングルマザーは、恋人には自分自身と子供も合わせて、受け入れて欲しいと思っています。将来は結婚して、子供のパパになって欲しいと思っています。今だけのパートナーではなく、ずっと一緒にいられる最高のパートナーであって欲しいと思ってしまいがちです。寂しい思いを経験したからこそ、新しい恋人の存在が大きくなり、夢を描きます。
男性も女性も、子供のいる人よりも子供がいない人、結婚したことがある人よりも結婚したことがない人の方がよく見えます。シングルマザーは、どんなに頑張っても難しい条件になってしまいます。
シングルマザーは、自分の生活を楽しんでいるように見えて、魅力的な女性が多いです。アルコールが入ると、寂しさから愚痴がこぼれて、新しい恋人がほしいという話が出てきます。前回の結婚で、離婚した理由にもよりますが、やはり恋人がほしいという声をよく聞きます。
シングルマザーだから、恋人を作ってはいけない理由はありません。このサイトを参考に男性との出会いを積極的に作り、再婚をして、新しく子供が生まれて、幸せに暮らしてもいいのです!女性がしっかりしていれば、恋人ができても大丈夫だと思います。ゆっくりあせらなくても、自分自身と子供に合う方を見つけることが必要だと思います。恋人との時間で、もっと輝ける女性になると思います。

泣いて電話をされてもね。

後輩からLINEを洗濯ものを干して、子供のミルクの準備などでしばらく放置をしていたら急に「電話しても大丈夫ですか?」と言われました。子供がお昼寝から起きたばかりだったので、本当のところはちょっと遠慮してほしかったのですが、子供の相手をしながら電話をすることになりました。電話に出ると完全に泣き声でした。

先日、私が紹介した知人とデートの際にケンカしてしまい帰り際にきちんと仲直りをし、さらに謝罪の連絡をしたにも関わらず、一向に返事がない何か聞いてないか。という内容でした。

私が紹介したため知人からは「忙しいので、来週あたり返事します。」と後輩よりも先に連絡をもらっていて、私が思うにはこの二人は一緒にいない方がいいなと思いました。一緒にいても知人は後輩の暴走を受け止めきれない様子だし、後輩はただただ受け止めてほしくて彼の気持ちを完全に無視しているから。私は泣いた声で電話されても全く動じないので、冷静に「彼の嫌がることをしていることに、あなたの方が気が付いてなさすぎるよ」と注意して電話を切りました。

今後、どうなっていくかわからないけど人のつなげるキューピットの役割ってすごく大変なんだなと思いました。

重ね合わせて考えたこと

7a52b9d4c08be0056ac151997f644fff_s

いつものように、朝のニュースショーを見ました。
政治、事件、世界での出来事、事故などいろいろな情報を今日もインプットします。

熊本県の学校、全校での授業が震災以前の状態に戻れるのはいつになるのだろう、
と、心配しながら見ています。

地震が起きた当初、私の考えは浅く、近くの避難所に行くから、
避難所で地震に怯えることになるんじゃないのかな、
例えばウチの近所の空いてる公営の住宅に引っ越して住むとかすれば良いのに等と考えてしまっていました。
仕事、子供達の学校、倒壊してしまった自宅の心配など、その場所を遠く離れる訳には行かない理由があることに気が付けませんでした。

考えの浅い私にも家族があり、離れて暮らす親族の存在もあり、今いる場所を独りの判断や一時的な理由で遠く離れることは出来ないことを、
加味して被災された方々に重ね合わせて考える事が出来ませんでした。

ボランティアに参加する事さえ出来ませんが、1日も早く、被災されたみなさんが震災前の生活に戻れることを祈っています

銀の匙でお食事をした話

先日宮城県大崎市にある銀の匙でご飯をしました。鳴子温泉までドライブしに来たからご飯食べて帰ろうって事になったのです。ネットで調べでやってきたのですが、オススメがビーフシチューって書いてあったので、それを即注文です!グツグツと言いながらやってきたシチューは凄く濃厚で具がゴロッとしてて本当に美味しかったです。そして私の嫌いなニンジンが甘くて美味しかったのが感動的でした。ちょっと私には量が少なかったのですが・・(笑)ご飯がついてきたんですけどパンが食べたかったなぁとも思いました…。お隣がパン屋さんになってて何か買ってきたかった。。平日で他にお客さんが居なかった為、貸切状態でゆっくりした食事でした。のどかな場所に来ると過ぎる時間もゆっくりに感じます。またドライブで近くに来たらお邪魔したいと思ったお店でした。

アラフォー独身女性はどうして良縁がないのか、振り返ってみては?

女性もアラフォー世代になると、家庭を持ち、子供が一人か二人はいると言うケースも珍しくありません。そのため、自分の周りが落ち着いてくると、やはりアラフォーの独身女性は焦る気持ちを持つ人も少なくないようです。また、今までは結婚なんて・・・と考えていたような女性でも、自分の友達が結婚や出産をすると、次第に家庭を持ちたいと考える人も出てくるようです。このようなことから、アラフォーになり、婚活を始める女性も沢山います。しかし、婚活を始めたからと言って、すぐに良縁に恵まれる訳ではありません。お見合いパーティーなどに参加しても、それでもなかなかこの人だと思うような相手には出会えないこともあります。そのような時には、他の相手を探すことも大事ですが、自分自身もどうして良い縁が出来ないのか、よく振り返ってみることも大切です。

[相手をしっかりと見極めること!]

女性が結婚相手に求める条件として、ある程度の年収があり、ちゃんと社会人として働いていることなどがあります。これは、結婚してからの生活を踏まえたものであり、子供を持つことなどを考えると、やはり収入は高ければ高いほど良いものでもあります。けれど、年収が高い人が良いからと言って、数千万の年収を希望したりするのもあまりよくありません。そのように年収が高い男性の場合には、若い頃にすでに結婚していたり、仕事が忙しく、育児や家事なども手伝えないこともあります。また、男性自身にもやや難があり、例えば、かなり偏屈な性格をしていたり、我が儘な性格の場合だと、年収が高くても、結婚相手としては選ばれないものです。そのため、お見合い市場で相手を探している場合もありますので、いくら年収が高くても、すぐに結婚に走るのではなく、まずは相手の性格などもしっかりと見極めることが大切になります。

[自分の好みを相手にも強制していないかどうか]

また、この人だと思うような男性と知り合っても、付き合いが上手く続かないケースも沢山あります。女性の中には、最初のデートでファミリーレストランなどに行く男性は嫌だと言う人もいますし、高級なフレンチレストランなどを予約して欲しいと言う人もいるようです。それに、付き合いが長くなったとしても、食事の際には一流レストランが良いと駄々をこねる女性もいますが、これもあまり良くないことです。男性からしてみれば、どんなに素敵で魅力がある女性でも、いつも高級な店に連れて行けと言うような性格ならば、結婚してもやりくりはどうするのか、どうしても考えてしまうものです。そのため、男性が良いなと思っている女性でも、あまりにも高級志向である場合には、付き合うのは良いけれど、結婚相手には選ばれないことも少なくありません。女性でも、アラフォー世代になると、仕事などでもキャリアがあり、収入も比較的高い人もいますので、高級志向に走ることもあるかも知れません。けれど、結婚すれば、一緒に生活をしていくのだと言う点も考えて、相手とデートプランを立てるようにしましょう。