アラフォー独身女性はどうして良縁がないのか、振り返ってみては?

女性もアラフォー世代になると、家庭を持ち、子供が一人か二人はいると言うケースも珍しくありません。そのため、自分の周りが落ち着いてくると、やはりアラフォーの独身女性は焦る気持ちを持つ人も少なくないようです。また、今までは結婚なんて・・・と考えていたような女性でも、自分の友達が結婚や出産をすると、次第に家庭を持ちたいと考える人も出てくるようです。このようなことから、アラフォーになり、婚活を始める女性も沢山います。しかし、婚活を始めたからと言って、すぐに良縁に恵まれる訳ではありません。お見合いパーティーなどに参加しても、それでもなかなかこの人だと思うような相手には出会えないこともあります。そのような時には、他の相手を探すことも大事ですが、自分自身もどうして良い縁が出来ないのか、よく振り返ってみることも大切です。

[相手をしっかりと見極めること!]

女性が結婚相手に求める条件として、ある程度の年収があり、ちゃんと社会人として働いていることなどがあります。これは、結婚してからの生活を踏まえたものであり、子供を持つことなどを考えると、やはり収入は高ければ高いほど良いものでもあります。けれど、年収が高い人が良いからと言って、数千万の年収を希望したりするのもあまりよくありません。そのように年収が高い男性の場合には、若い頃にすでに結婚していたり、仕事が忙しく、育児や家事なども手伝えないこともあります。また、男性自身にもやや難があり、例えば、かなり偏屈な性格をしていたり、我が儘な性格の場合だと、年収が高くても、結婚相手としては選ばれないものです。そのため、お見合い市場で相手を探している場合もありますので、いくら年収が高くても、すぐに結婚に走るのではなく、まずは相手の性格などもしっかりと見極めることが大切になります。

[自分の好みを相手にも強制していないかどうか]

また、この人だと思うような男性と知り合っても、付き合いが上手く続かないケースも沢山あります。女性の中には、最初のデートでファミリーレストランなどに行く男性は嫌だと言う人もいますし、高級なフレンチレストランなどを予約して欲しいと言う人もいるようです。それに、付き合いが長くなったとしても、食事の際には一流レストランが良いと駄々をこねる女性もいますが、これもあまり良くないことです。男性からしてみれば、どんなに素敵で魅力がある女性でも、いつも高級な店に連れて行けと言うような性格ならば、結婚してもやりくりはどうするのか、どうしても考えてしまうものです。そのため、男性が良いなと思っている女性でも、あまりにも高級志向である場合には、付き合うのは良いけれど、結婚相手には選ばれないことも少なくありません。女性でも、アラフォー世代になると、仕事などでもキャリアがあり、収入も比較的高い人もいますので、高級志向に走ることもあるかも知れません。けれど、結婚すれば、一緒に生活をしていくのだと言う点も考えて、相手とデートプランを立てるようにしましょう。